自室に防音対策をしてもらおう【いつでも楽器が演奏できる】

最新記事一覧

きちんとした業者選びを

防音室

工事を依頼するときの注意

防音室とは、内部の音漏れを防いでくれたり、外部からの音を遮断してくれたりする部屋のことです。外部の音を遮断し、静かな室内で音楽や映画、読書などを楽しみたいというのであれば、段ボールなど簡易な素材で出来ている組み立て式の防音室も販売されています。組み立て式でも、それなりに防音性能が高いものもあり、そこまで大きい音でなければ内部で楽器を演奏しても大丈夫な製品もあります。ですが、エレキギターやドラムなどの大音量かつ振動を伴うような楽器の場合はそうした簡易式の防音室では追いつかないことが多いです。他の楽器であっても、思い切り音を出したいときや、騒音への苦情が心配される場合は工事により防音室を新設するのが確実です。防音室は、単に音の知識があるだけではできません。建築に関する知識も必要なため、生半可な業者に依頼すると結局防音されなかったり耐久性に欠けていたりするおそれがあります。防音室工事の実績がしっかりある業者から選ぶべきでしょう。業者ごとに特徴や強み、費用などが異なります。できたらどのような条件で防音室を作りたいのかを業者に伝えて、見積もりを作ってもらって比較するとよいでしょう。その際はもともとの家の条件により工事内容も変わってくるため、実地見聞をしてもらう方が確実です。防音室自体の設備や機能を確かめるためには、見学会やショールームなどで確認するのもおすすめです。近くにあるとは限りませんが、苦情を防ぐためには機能は重要です。費用だけでなく機能や信頼できるかも考慮して選びましょう。

Copyright© 2018 自室に防音対策をしてもらおう【いつでも楽器が演奏できる】 All Rights Reserved.